研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

『ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産』 限りある水資源を食糧問題の解決に!
持続可能な農業を目指して

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs2
  • SDGs15
  • SDGs6
佐藤 政良(筑波大学 生命環境系 名誉教授) researchmap
国内共同研究機関 鳥取大学
相手国研究機関 カイロ大学(CU)
採択年度 平成20年度(2008年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 エジプト・アラブ共和国エジプト
研究課題の概要

水資源を生み出して沙漠を農地に変える節水作戦
 ナイル川に頼る乾燥地エジプトでは急激な人口増加が進み、食糧増産と雇用拡大が緊急課題となっている。だが主要な農業地域であるナイルデルタでの生産量は限られ、使えるナイル川の水資源も限界に達した。そこでデルタ地帯の既存農地で水利用の合理化、節水を行い、生み出した水を周辺の沙漠地帯に送って農地開発を進め、食糧生産の拡大を図る必要がある。そのためにデルタでの灌漑(かんがい)用水や農地の効率的・持続的な利用法を構築する。

ナイルデルタの水と農業の現状を解明し、農村のあり方を探る
 様々な灌漑方法で主要作物を栽培し、作物の反応、消費水量、収量および塩害に与える影響などを作物・土壌・気象の3分野から検討している。また農民の水管理行動、水動態なども観測、分析し、効率的で持続可能な農業および水管理のモデル確立を目指す。

研究実施風景
イメージ1

ナイル三角州平野は古くからの食糧生産基地

イメージ2

ナイル川から運ばれた水は、最後にポンプで農地に灌漑される。雨が降らないエジプトでは、農民にとってこの水だけが頼りだ。

イメージ3
イメージ4
研究プロジェクトWEBサイト 平成http://www.agbi.tsukuba.ac.jp/~wat/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(182KB)
PDF平成22年度(275KB)
PDF平成23年度(280KB)
PDF平成24年度(304KB)
PDF平成25年度(535KB)
PDF終了報告書(1,772KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る