HOME 検索
サイト内検索
JSTトップ > 研究開発戦略センター(CRDS) > 2021 年度人工知能学会全国大会 (第35回) 企画セッション KS-04「人工知能と数学-数学の強み-」

[本文]

2021年度 人工知能学会全国大会(第35回) 企画セッション KS-04
「人工知能と数学-数学の強み-」

開催趣旨

この企画は人工知能において「数学だからこそ実行できること」に焦点をあてたものである。さまざまな量は利用する方にとっては計算できればよく、背後にある数学まで理解する必要はない。しかしながら、計算結果の保証や裏付けは統計を含む数学でしかできないことである。また、数学的な(理論的な)アプローチと機械学習などのデータ駆動的なアプローチを組み合わせることで、相補的に新しい研究が可能となる。本企画セッションでは、このような人工知能における数学の強みについて、研究者や産業界の方々双方に向け、招待講演2件をもって発信をする。

日時

2021年6月10日(木) 15:20-17:00

会場

オンライン

プログラム

趣旨説明 若山 正人(科学技術振興機構)(15分)
招待講演1 「予兆情報学―情報論的学習理論に基づく変化予兆検知」
山西 健司(東京大学)(30分+質疑10分)
招待講演2 「複雑ダイナミクスの理解へのデータ駆動によるアプローチと機械学習」
河原 吉伸(九州大学)(30分+質疑10分)

本企画セッション内容の関連リンク

東京大学 山西 健司 教授個人ウェブページ
http://ibis.t.u-tokyo.ac.jp/yamanishi/(外部リンク)
東京大学 山西研究室
http://ibis.t.u-tokyo.ac.jp/yamanishiken/(外部リンク)
九州大学 河原研究室
http://jp.kawahara-lab.org/index.html(外部リンク)
CREST・さきがけ複合領域 ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化
「複雑データからのディープナレッジ発見と価値化」
https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/project/45/45_04.html
CREST 数学・数理科学と情報科学の連携・融合による情報活用基盤の創出と社会課題解決に向けた展開
「作用素論的データ解析に基づく複雑ダイナミクス計算基盤の創出」
https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/project/1111105/1111105_2019.html#fea237806374bc8fff4dec4cbbe8565f

参加に際して

本企画セッションは「2021年度人工知能学会全国大会JSAI2021」(オンライン)の一環として実施されるものですので、聴講に際して、JSAI2021への参加登録・参加費支払いが必要です。
JSAI2021については、下記のサイトをご参照ください。オンラインでのセッション聴講方法についても、こちらのサイトに掲載されます。
https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2021/
JSAI2021への参加登録・参加費支払いについては、下記からお願いします。
https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2021/attendance/

関連リンク

  • COVID-19と研究開発のゆくえ
  • FacebookもチェックFacebook
  • メールマガジン登録
  • 野依センター長室から
  • 科学技術の潮流 日刊工業新聞連載
  • CRDSフェローが解説!科学技術最新のサイエンス
  • SciREX 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」
  • 研究倫理HP
English