【高田 十志和】緩やかな束縛反応場を活用する高分子の連続改変系の構築と革新的機能化


研究代表者

高田 十志和

高田 十志和

東京工業大学
物質理工学院
特任教授


研究概要

現在の高度な合成技術をもってしても高分子の完全改変・修飾は極めて困難です。しかし、我々が開発した緩やかな束縛系を活用する内包型反応場による高分子反応では完全な高分子構造改変が達成されており、従来の高分子反応や重合反応では合成できない新高分子、有用な高機能高分子が創製できます。本研究を通して高分子改変の新しい基盤技術、コンセプトを創出し、学術と産業に大きなインパクトを与えることを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望