【水口 将輝】ナノ超空間を利用した熱・スピン・電界交差相関による高効率エネルギー変換材料の創製


研究代表者

水口 将輝

水口 将輝

東北大学
金属材料研究所
准教授


研究概要

ナノメートルスケールのドット・ワイヤ・空隙を有機的に組み合わせ、高度な方法論に基づいて設計・制御された超空間構造を駆使することにより、熱・スピン・電界などのパラメータ間の交差相関現象を基軸とした、革新的に高効率なエネルギー変換材料を創成します。既存のエネルギー材料が置き換えられると同時に、エネルギー変換現象・技術に係る包括的な学理の構築と、広範囲におよぶエネルギー問題の解決手段の獲得が実現します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望