[革新的コンピューティング]革新的コンピューティング技術の開拓

戦略目標

Society5.0を支える革新的コンピューティング技術の創出

研究総括

pic

井上 弘士(九州大学 大学院 システム情報科学研究院 教授)

概要

 超スマート社会を実現しその持続可能性を維持するためには、情報処理基盤の要であるコンピュータシステムの飛躍的かつ継続的な発展が必要不可欠となります。しかしながら、近い将来、半導体の微細化がついに限界に達すると予想されており、コンピュータシステムを進化させ続けるための新しい概念や技術の創出が求められています。
 そこで本研究領域では、半導体微細化に頼らない革新的コンピューティング技術の開拓を目指します。大きなダイナミズムを有する超スマート社会を支える情報処理基盤を構築するには、社会的変化と技術的進歩を敏感に察知し、将来を予測し、様々なトレードオフを考慮した上で、柔軟かつ斬新な発想に基づく次世代コンピュータシステムを実現しなければなりません。そこで、高性能化、低コスト化、低消費電力、安全性向上、高信頼化、運用容易性向上、など、様々な観点から次世代コンピュータシステムのあるべき姿を探求します。
 研究内容としては、1)回路、アーキテクチャ、システムソフトウェア、プログラミング、アルゴリズム、アプリケーションなどを対象としたクロスレイヤ、コデザインに基づく新しい高効率コンピューティング技術の確立、2)現在主流であるデジタルCMOS処理とは異なる新コンピューティング技術の創成、3)従来の計算モデルとは一線を画す新計算原理/新概念の創出、などを対象とします。そして最終的には、世界をリードする若手研究者を輩出するとともに、持続可能な超スマート社会の実現を可能にするための情報処理基盤の構築に貢献します。

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「Society5.0を支える革新的コンピューティング技術の創出」のもとに、平成30年度に発足しました。

領域アドバイザー

河野 崇 東京大学 生産技術研究所 教授
権藤 正樹 イーソル株式会社 技術本部 取締役 CTO/技術本部長
竹房 あつ子 国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
田中 良夫 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 研究部門長
谷口 忠大 立命館大学 情報理工学部 教授
中条 薫 富士通株式会社 デジタルサービス部門 エグゼクティブ ディレクター
中島 康彦 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 副領域長・教授
成瀬 誠 東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授
前澤 正明 中国科学院 上海微系統与信息技術研究所 研究員
宮森 高 東芝デバイス&ストレージ株式会社 半導体研究開発センター センター長

採択課題一覧

  1. 平成30年度採択課題
  2. 令和元年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望