【飯野 雄一】神経系まるごとの観測データに基づく神経回路の動作特性の解明


研究代表者

飯野 雄一

飯野 雄一

東京大学 大学院理学系研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

ヒトや他の動物の脳は無数の神経が網目状に結びついて情報を処理していますが、実際の神経回路がどのように演算し、情報処理しているのかはよくわかっていません。本研究では、神経の数が少なく各神経のつながり方がすべてわかっている線虫を、生きたまま独自に開発した共焦点顕微鏡システムで立体的に並んだ多数の神経の活動を連続的に観測すると共に、シミュレーションにより感覚系から行動制御系への情報伝達を担う神経回路の情報処理原理を明らかにします。


主たる共同研究者
石原 健 九州大学大学院理学研究院 教授
岩崎 唯史 茨城大学工学部 講師
吉田 亮 統計数理研究所データ科学研究系 教授

飯野 雄一_概要図

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望