【山下 誠】超臨界メタンを基質兼媒質とした均一系・不均一系触媒プロセスの開発

研究代表者

研究代表者画像

山下 誠

名古屋大学
大学院工学研究科
教授

研究概要

本研究では、気体と液体の中間状態:超臨界状態にあるメタンと均一系・不均一系触媒を反応させることで、メタンの分子変換を行います。ここでは超臨界メタンの持つ特性、すなわち高濃度分散および分離の容易さを活かして、従来プロセスでは達成できなかった低温運転、高選択性のメタン転化プロセス(メタンからC2以上のアルカンを合成、メタンからメタノールの合成)の開拓および工業化を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望