【片田 直伸】メタンによる直接メチル化触媒技術の創出

研究代表者

研究代表者画像

片田 直伸

鳥取大学
大学院工学研究科
教授

研究概要

本研究では、PET原料の直接合成などを目指し、芳香族炭化水素などのメタンによるメチル化を実現する触媒活性点と反応場を創製します。メチル化作用が近年見出されたゼオライト担持遷移金属触媒上で、先駆的合成・キャラクタリゼーション技術を駆使し、気相組成、イオン交換サイトの微細構造、遷移金属種の特性が各反応段階の速度に及ぼす影響を明らかにし、開発指針を確立します。数値目標も定め、実力ある新技術を開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望