【髙橋 啓介】実験・計算・データ科学の統合によるメタン変換触媒の探索・発見と反応機構の解明・制御

研究代表者

研究代表者画像

髙橋 啓介

物質・材料研究機構 
統合型材料開発・情報基盤部門
研究員

研究概要

本研究では実験・計算・データ科学を統合したキャタリストインフォマティクスを推進し、新しい革新的な触媒探索・反応機構解明技術を創出することを目的とします。本研究は触媒データベースの構築・機械学習を用いたデータから知識へ変換・プラットフォームの3本柱を軸に遂行します。特にメタン変換プロセスを対象とした新しいメタン変換触媒・最適プロセス・反応経路機構の完全解明・制御を実現し、触媒探索・設計を革新させます。

触媒インフォマティクス プロジェクト HP

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望