【松村 晶】原子分解能その場観察解析に基づく触媒機能の原理解明と革新的触媒創製

研究代表者

研究代表者画像

松村 晶

九州大学
大学院工学研究院
教授

研究概要

本研究では、世界最高水準の分解能を誇る原子分解能電子顕微鏡を用いて、実ガス雰囲気で触媒が示す構造・状態変化をリアルタイムで解明することを主軸に、放射光分光分析、理論計算、ナノ触媒合成・評価も含めた原理解明に基づいて革新的触媒の開発を行います。また、基盤的な「触媒計測・評価チーム」として、研究領域にまたがる様々な課題に対して横断的な研究協力や共同研究を行い、我が国の触媒研究を加速します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望