【佐藤 信太郎】革新的デバイス創製のためのグラフェンナノリボンのテイラーメイド合成


研究代表者

佐藤 信太郎

佐藤 信太郎

富士通(株)
AI基盤事業本部
本部長付


研究概要

炭素一原子層の材料であるグラフェンを短冊状にしたグラフェンナノリボン(GNR)は、高移動度、バンドギャップ可変、長いスピン緩和時間などの優れた特性を持ち、超高速デバイス、高効率太陽電池、量子コンピュータなどへの応用が期待されます。トップダウンでは困難な幅とエッジが制御されたGNRのボトムアップ合成技術を開発し、応用に応じたGNRのテイラーメイド合成を実現することで、革新的デバイス創製の礎とします。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望