【川﨑 雅司】トポロジカル絶縁体ヘテロ接合による量子技術の基盤創成


研究代表者

川﨑 雅司

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

トポロジカル絶縁体ヘテロ接合により、電荷流とスピン流の高効率変換やゼロ磁場における量子ホール効果などを実現し、半導体では実現不可能な量子物性のデバイス機能化を行います。強誘電性や超伝導など類似化合物群に現れる多様な物性とトポロジカル物性の界面接合化により、量子化した電気磁気効果や新しい量子統計を実現します。これらにより、トポロジカル絶縁体を電子素子として活用する基盤を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望