【笹川 崇男】トポロジカル量子計算の基盤技術構築


研究代表者

笹川 崇男

東京工業大学
科学技術創成研究院
准教授

研究室ホームページ


研究概要

トポロジカルな二次元の特殊超伝導状態に出現するマヨラナ粒子を、近未来のデバイス技術へ繋ぐ基盤を構築します。量子計算にマヨラナ粒子を利用すると、寸法・消費電力・計算精度・回路拡張性・量子機能(演算+メモリー)の全てにおいて既存技術を凌駕できます。このような「トポロジカル量子計算」の実現に向けて、要素技術(マヨラナ粒子の検出・操作)の確立と革新的素材(トポロジカル超伝導体)の創製に挑戦します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望