JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 松本 有樹修

Long non-coding RNAから翻訳されるスモールプロテインの同定と機能解析

松本 有樹修(写真)

松本 有樹修Akinobu Matsumoto

所属機関 ハーバードメディカルスクール
所属学部・学科など ベスイスラエルディーコネスメディカルセンター
役職 さきがけ専任研究者

研究課題概要

Long non-coding RNA(LncRNA)というタンパク質を翻訳しない長鎖RNAの存在が近年明らかになりました。本研究では新たに同定したLncRNAから翻訳されるスモールプロテインの分子機構と生理的役割の解析を培養細胞や遺伝子改変マウスなどを用いて進めていきます。これまで見逃されてきた、スモールプロテインという新たな因子の解析により、様々な疾患のメカニズム解明に繋げたいと考えています。