JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 山口 新平

ゲノムインプリンティングによる生体の恒常性維持機構の解明

山口 新平(写真)

山口 新平Shinpei Yamaguchi

所属機関 大阪大学
所属学部・学科など 大学院生命機能研究科
役職 助教

研究課題概要

ゲノムインプリンティングはほ乳類のみが持つ特徴的な遺伝子発現機構です。本研究では、インプリンティングがどのように維持されているのか、それが破綻した時に生体の恒常性にどのような影響を及ぼすのか、という疑問を明らかにします。インプリンティングの維持に働く因子を網羅的に探索・解析し、生体の恒常性維持におけるその意義を明らかにすることで、将来的に疾患の予防や治療に役立てることを狙いとします。