JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 山本 正道

生体丸ごとの全時間スケールに起こる反応を評価する技術の確立

山本 正道(写真)

山本 正道Masamichi Yamamoto

所属機関 京都大学
所属学部・学科など 大学院医学研究科
役職 特任講師

研究課題概要

これまで疾患は各臓器の異常として解析され、ネットワークで繋がった臓器として評価する技術が欠如していました。また、長期的に起こる反応を評価する技術は開発されてきましたが、短時間を含む全時間スケールに起こる反応を評価する技術は欠如していました。本研究では細胞の生命活動の質を個体内でリアルタイムに計測できるシステムを構築する事で、生体丸ごとの全時間スケールに起こる反応を評価する技術の確立を目指します。