JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 丹羽 美苗

神経−内分泌系からみるストレス関連精神疾患病態機構の解明

丹羽 美苗(写真)

丹羽 美苗Minae Niwa

所属機関 ジョンズ・ホプキンス大学
所属学部・学科など 医学部
役職 准教授

研究課題概要

思春期も含めた妊娠前から妊娠中、産後へといたる神経系と内分泌系の経時的変化およびそのクロストークに着目し、ホルモンやペプチドなどの内分泌系メディエーターが脳機能に長期的な影響を与えるメカニズムについて解明します。本研究では、ストレスに関連する精神疾患(特に産後うつ病)の病因・病態生理の解明と将来的な予防・診断・治療方法の開発を目指します。