JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 松田 憲之

ミトコンドリア恒常性維持機構の解明からパーキンソン病の本質に迫る

松田 憲之(写真)

松田 憲之Noriyuki Matsuda

所属機関 公益財団法人 東京都医学総合研究所
所属学部・学科など 生体分子先端研究分野
役職 副参事研究員(プロジェクトリーダー)

研究課題概要

PINK1とParkinによって行われる低品質ミトコンドリアの分解は、ミトコンドリア恒常性の維持において必須の役割を担っています。また、この機構の破綻はヒトの遺伝性パーキンソン病の発症に繋がると考えられています。本研究では、謎につつまれた「Parkinが低品質ミトコンドリアに移行する仕組み」を解明することで、ミトコンドリアの恒常性維持機構とパーキンソン病発症機構の解明を目指します。