JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 川根 公樹

腸管の恒常性における細胞死とDNA分解の役割

川根 公樹(写真)

川根 公樹Kohki Kawane

所属機関 京都産業大学
所属学部・学科など 総合生命科学部
役職 准教授

研究課題概要

腸管の恒常性は、腸上皮細胞の増殖と死のバランスや腸上皮のバリア機能などにより保たれており、これらが破綻すると、癌、腸炎、腸管感染など様々な疾患が引き起こされます。本研究では、腸管上皮細胞の細胞死と腸内でのDNA分解という二つの現象に着目し、これらの分子機構を明らかにするとともに腸管の恒常性に果たす役割を解明します。得られた知見により、これまでにない側面から腸管疾患の理解及び新規治療法の開発を目指します。