JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 岩見 真吾

ウイルス感染に伴い変化する生体システムの力学的理解と制御

岩見 真吾(写真)

岩見 真吾Shingo Iwami

所属機関 九州大学
所属学部・学科など 大学院理学研究院
役職 准教授

研究課題概要

本研究ではウイルス感染下における生体の恒常性維持・変容を、生体システムの変化や破綻の観点から定量的に理解し、疾患を制御する方法の解明を目指します。具体的にはB型肝炎ウイルス(HBV)を題材に培養細胞及びヒト化マウスを用いたHBV感染実験を行い、実験データを取得します。また、臨床試験から得られたデータと合わせて、数理モデルを基軸にした理論解析を実施し、生体内のHBVを完全に排除するための新規治療法を探索します。