RInCAプログラムでは、年刊誌「RInCAジャーナル」を発行しています。EISL/RRIに関するホットイシューに関する議論や、RInCAプログラムにおける研究開発の取り組みを紹介しています。

紙媒体の冊子をご希望の方は、以下のフォームより「RInCAジャーナルの冊子希望」と記入の上、ご氏名、送付先住所、ご希望の号、部数など必要情報をあわせてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

「RInCAジャーナル」第2号 (2022年4月発行)

  • 巻頭特集「次世代モビリティがもたらすもの」
    中野公彦(東京大学 生産技術研究所 教授)
    小島 立(九州大学 大学院法学研究院 教授)
    西川信太郎(株式会社グローカリンク 取締役 / 日本たばこ産業株式会社 D-LAB ディレクター)
    唐沢かおり(RInCAプログラム総括 / 東京大学 大学院人文社会系研究科 教授)
  • 座談会「ゲノム倫理をめぐる4つの問い ―WHO勧告から考える生命科学のルール」
    小門 穂(神戸薬科大学 薬学部 准教授)
    四ノ宮成祥(防衛医科大学校 学校長)
    松尾真紀子(東京大学 公共政策大学院 特任准教授)
    三成寿作(京都大学 iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定准教授)
  • イベントレポート「パンデミックの論点 ―研究者たちが語るCOVID-19のELSI」
    AMED・JST-RISTEX連携セッション (2021/11/23開催)
  • イベントレポート「答えがなくても、考え続けること」
    RInCAプログラム全体会議2021 (2021/12/11-12開催)
  • プロジェクト紹介
  • 総括・アドバイザー紹介

「RInCAジャーナル」第1号 (2021年4月発行)

  • 特別鼎談「これからの科学技術と人・社会の関係とは」
    濵口道成(国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 理事長)
    唐沢かおり(RInCAプログラム総括 / 東京大学 大学院人文社会系研究科 教授)
    小林傳司(JST 社会技術研究開発センター センター長 / 大阪大学 名誉教授)
  • インタビュー:COVID-19をめぐるELSI
    • 「明日の意思決定のために」
      児玉 聡(京都大学 大学院文学研究科 准教授)
    • 「メディア分析で読み解く専門知と社会の関係」
      田中幹人(早稲田大学 政治経済学術院 教授)
    • 「社会の『距離』をデザインすることによる感染症対策」
      林 良嗣(中部大学 卓越教授、持続発展・スマートシティ国際研究センター長)
    • 「公衆衛生とプライバシーの均衡点を探る」
      米村滋人(東京大学 大学院法学政治学研究科 教授)
  • プロジェクト紹介
  • 総括・アドバイザー紹介
言説化一覧に戻る
トップへ