[反応制御]電子やイオン等の能動的制御と反応

戦略目標

持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出

研究総括

関根 泰(早稲田大学 理工学術院 教授)

概要

 本研究領域では、電気や光などを用いて電子やイオンの能動的な制御を狙い、革新的な化学反応技術を創出することを目的とします。これによって、従来にない物質生産プロセスを実現させ、既存技術における反応制御の難しさ、収率や選択性の低さ、高い反応温度、平衡制約などから脱却できる新たな化学反応の体系を確立することを狙います。
 具体的には、電気化学や光化学、非在来型プロセスなどを単独あるいは組み合わせることにより、電子やイオンを能動的に制御し、これによって化学反応の選択性向上、平衡制約からの脱却といった次世代反応場の開拓を狙います。高効率な物質合成に資する化学反応プロセスのみならず、反応プロセスを構築するための新規材料開発、例えば従来にない中温域で作動しうる新規イオン伝導材料の開発やこれら反応・材料の新規評価方法の確立、そのために必要となる理論化学の援用によるモデル化と実験系へのフィードバックなども研究対象に含めます。
 化学(電気や光など)、反応プロセス(フローリアクターなど)、材料(電極材料、固体イオニクス材料、触媒など)、計測、理論の融合からなる次世代反応プロセスの創出により、持続可能な社会の実現を目指します。

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出」のもとに、平成30年度に発足しました(リンク先は国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)となります)。

領域アドバイザー

雨澤 浩史 東北大学 多元物質科学研究所 教授
五十嵐 達也 富士フイルム株式会社 R&D統括本部有機合成化学研究所 研究マネージャー
佐藤 康司 JXTGエネルギー株式会社 中央技術研究所 グループマネージャー
佐藤 縁 産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門 研究グループリーダー
里川 重夫 成蹊大学 理工学部 教授
杉本 渉 信州大学 環境・エネルギー材料科学研究所/繊維学部 教授
堂坂 健児 本田技研工業株式会社 日本本部 地域事業企画部 環境推進課 課長
中井 浩巳 早稲田大学 理工学術院 教授
中林 亮 旭化成株式会社 繊維技術開発センター センター長
濱川 聡 産業技術総合研究所 材料・化学領域 研究戦略部 部長
山下 弘巳 大阪大学 大学院 工学研究科 教授
吉田 朋子 大阪市立大学 複合先端研究機構 教授
柳 日馨 大阪府立大学 研究推進機構 特認教授
和田 雄二 東京工業大学 物質理工学院 教授/学院長

採択課題一覧

  1. 平成30年度採択課題
  2. 令和元年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望