[未来材料]物質探索空間の拡大による未来材料の創製

戦略目標

元素戦略を基軸とした未踏の多元素・複合・準安定物質探査空間の開拓

研究総括

pic

陰山 洋(京都大学 大学院工学研究科 教授)

概要

 本研究領域は、我々が直面する環境・資源・エネルギー、医療・健康等に代表される社会課題を解決するために、従来技術とは異なる非連続な概念・コンセプトを探求したシンプルかつ斬新なアイデアにより、これまでの物質探索空間の枠を超えた、革新的な新機能性材料の創出を目指します。
 具体的には、異なる元素同士のシナジー効果を解明した上での元素の複合化による「多元素化」、元素の配置制御等による材料システムとしての「機能複合化」、非平衡状態や速度論的制御を利用する「準安定相」の活用等の視点で、環境・エネルギー関連材料、エレクトロニクス材料、医用材料、構造材料等への利用に向けて夢のある材料・プロセス研究を推進します。
 さらに、将来的な素材化、プロセス化技術の流れも意識し、物質創製技術やプロセス制御技術確立のために、計算科学や機械学習等のデータ駆動科学、最先端オペランド計測技術等との融合による原理解明、学理構築等、広い視点を背景とした挑戦的なアプローチでの研究を目指します。

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「元素戦略を基軸とした未踏の多元素・複合・準安定物質探査空間の開拓」のもとに、2021年度に発足しました。

領域アドバイザー

有馬 孝尚 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
猪熊 泰英 北海道大学 大学院工学研究院 准教授
梅津 理恵 東北大学 金属材料研究所 教授
太田 裕道 北海道大学 電子科学研究所 教授
大谷 博司 豊田理化学研究所 フェロー部門 フェロー
小川 周一郎 旭化成(株) 研究・開発本部イノベーション戦略部 シニアマネージャー
中西 和樹 名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授
前田 和彦 東京工業大学 理学院 教授
楊井 伸浩 九州大学 大学院工学研究院 准教授
藪内 直明 横浜国立大学 大学院工学研究院 教授

採択課題一覧

  1. 2021年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望