SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.07-D1311月7日(日)13:00~15:00

シン・サイエンス~情報・AI・ビッグデータが紡ぐ最先端研究~

 

世界トップレベル研究拠点プログラム有志 WPI-ICReDD, WPI-IRCN, WPI-IFReC

企画概要

世の中には膨大な情報(ビッグデータ)が溢れ、市民にとって何が正しいのかを判断するのが困難です。科学者たちの仕事は、複雑化したデータから「真」に重要な科学的エビデンスを導くことと言えるかもしれません。今回の企画では、①ビッグデータから機械学習を用いて得られる化学反応の予測、②脳-AIを融合したニューロインテリジェンスによる疾患解析と応用、③ゲノム情報から得られる免疫細胞の性質や疾患との関係、という3分野から最「新」の研究をお伝えします。どれも将来全ての人に関わる内容であり、市民の学びとともに、新たな高校の教育過程「情報」を学ぶ高校生や教育関係者方々とその意義について議論できればと思います。

登壇者プロフィール

img07-d13_01

瀧川 一学 タキガワ イチガク

1977年香川県生まれ。北海道大学工学研究科博士課程修了。京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター・薬学研究科助教、北海道大学情報科学研究科准教授、JSTさきがけ研究員(材料インフォマティクス領域)を経て、理化学研究所革新知能統合研究センター研究員及び、北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD)特任准教授。専門は離散構造・組合せ構造を伴う機械学習および自然科学でのデータ駆動型研究。

img07-d13_02

合原 一幸 アイハラ カズユキ

1954年福岡県生まれ。東京大学工学系研究科博士課程修了。東京大学教授などを経て、現在、東京大学特別教授/名誉教授、東京大学国際高等研究所・ニューロインテリジェンス国際研究機構 (IRCN) 副機構長、理化学研究所AIPセンター特別顧問、科学技術振興機構(JST)・未来社会創造事業テーママネージャーなど。専門は、数理工学、カオス工学。

img07-d13_03

大倉 永也 オオクラ ナガナリ

1964年愛知県生まれ。名古屋大学農学部修士課程を修了しテルモ(株)に入社。論文学位を取得後、国立がんセンター研究所に移籍。研究員、主任研究員を経て、大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)特任准教授。現在、大阪大学医学系研究科特任教授。専門は、ゲノム、エピゲノム解析、バイオインフォマティクス。

プログラム

13:00

「機械学習~データを予測に変える技術~で化学に挑む!」

瀧川 一学(北海道大学ICReDD)

「データ」のない科学は存在しません。科学的エビデンスは「データ」という形で蓄積されていきます。科学論文とデータの量はもはや一個人の認知限界を超えていて、化学にも機械学習(データを予測に変える技術)を使うという考えはとても有望です。たくさんデータを見せて優れた化学者以上の「経験と勘」をコンピュータ化できれば大きな変革になります。ところが同時にこれは非常に難しいのです!色々な自然科学研究に関わってきた「機械学習研究者」から、その深遠な面白さ・何がそんなに難しいのか・これからについて話します。

13:30

「ニューロインテリジェンスと高次元ビッグデータ解析」

合原一幸(東京大学IRCN)

この講演では、脳と人工知能(AI)を統合するニューロインテリジェンスの概念について、ファッションドレスへの応用なども含めて簡単に説明します。また、情報・AI・ビッグデータの疾患への応用例として、発病する前にもうすぐ発病する予兆を、計測した高次元ビッグデータを基に検出する動的ネットワークバイオマーカーを紹介し、未病治療の可能性を議論します。

14:00

「ビッグデータを利用した免疫研究」

大倉永也(大阪IFReC)

免疫は、長らく細胞表面のマーカー分子による細胞分類をもとに語られてきました。近年では、ゲノム・エピゲノム解析技術が進歩して、各免疫細胞や免疫疾患をゲノム情報から紐解くことが出来ます。さらにシングルセル解析により広範な免疫細胞を一気に解析することもできるようになってきました。ゲノム情報に代表されるビッグデータを免疫学ではどのように扱い、利用しているかについて紹介いたします。

14:30

研究者との「対話の時間」:参加くださった皆さんからの質問に時間いっぱい回答します。研究内容以外のことでも構いません。研究者との対話を楽しむ時間になればと思います。

・講演時間に聞けなかった質問

・研究内容以外のことで聞いてみたい質問

・参加者から事前にいただいた質問への回答

・講演時間内に回答できなかった質問への回答

・講演者から参加者のみなさんへの質問

関連企画

先端技術・データの活用に関する企画一覧

03-A13 脳科学とテクノロジーの融合 脳と機械をつないだら?

03-D17 地球→宇宙→地球、再生医療から生物多様性まで―スイスの科学 (2)

03-E15 信頼のおける医療情報:コクラン系統的レビュー

03-E17 人とAIとの共生:日本型AIにおける人間中心とは?

04-A13 健康ビッグデータと最新科学がもたらす健康長寿社会

05-A15 持続可能な社会に向けたディープ・テックにおける協働と投資

05-B17 ERATOセッション 私たちの未来を変える情報技術

06-B17 ここまできた!核融合エネルギー実現への道~イーター建設の現場から~

06-D10 生命の根幹を探る~クロマチンアトラスを描く~

06-F00 IVRC2021(Interverse Virtual Reality Challenge)

10-A17 リアルとネットを繋ごう ~体験価値のデジタル化~

11-A13 考古学✕情報工学 コクゾウムシを見つけたい!

11-A17 「ディープフェイク:人間の脳を欺くハイテク・イリュージョン」日本とスイスの専門家に聞くースイスの科学(1))

page top