SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.06-A1711月6日(土) 17:00~19:00

コロナ禍に学ぶ!健康と運動に科学技術の知見を

Learning under COVID-19 pandemic!
Science and technology concerned with health and exercise

日本技術士会
The Institution of Professional Engineers, Japan

企画概要

運動はLifeの豊かさを支える心身の健康に重要な役割を果たし長寿社会の実現に不可欠である。コロナ禍において、学生、社会人や高齢者などあらゆる世代の人達にとって日々のモチベーション維持、運動不足、体力低下など様々な課題が見えてきた。そこで「Lifeを支える運動と技術」について学生と技術士による対話型シンポジウムを実施する。

参加者にはオンラインによる対話やチャットで世代を超えた議論の場を提供する。学生には、コロナ禍での勉学・運動を含めた生活での工夫や課題について、技術士からは“運動を機能的に支える科学技術の効果について”の話題提供及び学生、参加者へのコメント・アドバイスを含めた意見交換を行う。

登壇者プロフィール

img06-a17_01

篠崎 博文 (技術士・機械部門) SHINOZAKI HIROFUMI

篠崎技術士事務所

人体には未知な部分が数多くあります。原因不明の体調不良に悩む方も少なくありません。医療技術で原因不明とされた各不快症状を工学の目で分析し、整体技術での改善を目指しています。

工学を一般の方々に直接生かす技術は、まだまだ少ないのが現状です。今後は医療関係者の方々とも連携し、より良い技術発展を目指して行きます。

img06-a17_02

坂東 大輔 (技術士・情報工学部門) BANDO DAISUKE

坂東技術士事務所

技術士のみならず、中小企業診断士、通訳案内士など28種類の資格を保有。最近は、ITを駆使したeスポーツの研究、バッティングセンター用のアミューズメントゲーム機の設計開発に従事。

img06-a17_03

鈴木 良雄 (技術士・農業部門) SUZUKI YOSHIO

順天堂大学 大学院 スポーツ健康科学研究科

大学教員として教育・研究をしています。大学では農芸化学(有機化学)、大学院では医科学(分子生物学)、企業では分析化学、医薬品、機能性食品の研究開発などを学び、現在は大学で運動、食事、環境が人体にどのような影響を与えるかを学んでいます。

img06-a17_04

篠塚 史子 SHINOTSUKA FUMIKO

東京海洋大学 大学院 海運ロジスティクス専攻 修士課程

漁業における水中ロボットの利用について研究をしていましたが現在は休学し、実際の現場で働きながら漁業で必要とされている工学的技術とは何かを模索中。空手道部で主将を務めたこともあり、昔から運動することが好きでした。最近は長生きすることに興味があり、健康に対する関心が高まっています。

img06-a17_05

黒岩 俊也 KUROIWA TOSHIYA

東海大学 工学部 光・画像工学科

大学では光学と画像情報工学を横断的に修学。2021年1月に開催された第10回サイエンス・インカレにて、「銀鏡反応銀鏡膜の緑膿菌に対する抗菌性試験とネイルアートへの応用」のテーマにてサイエンスインカレアンバサダー賞を受賞。卒業研究においては導電性高分子インクである「ポリピロール-無機酸化混合物」を研究中。趣味ではトレッキングを年に数回たしなむ。

img06-a17_06

高島 志郎 TAKASHIMA SHIRO

順天堂大学 スポーツ健康科学部

所属先のスポーツ栄養・生化学ゼミでトライアスロン競技に活かせるエルゴジェニックエイドや補給食について研究してみたいと思っています。

img06-a17_07

佐藤 理英 (技術士・化学部門) SATO MASAHIDE

モデレーター

公益社団法人 日本技術士会 科学技術振興支援委員会・委員長

プログラム

17:00

開会の挨拶

 日本技術士会 科学技術振興支援委員会・委員長 佐藤理英

17:05

趣旨説明 同上

① 技術士の説明と紹介

② シンポジウムの趣旨説明

③ シンポジウムの解説

17:15

パネルディスカッション

司会 科学技術振興支援委員会・委員長 佐藤理英

  • パネリスト
  •  篠崎 博文様  技術士 機械部門
  •  坂東 大輔様  技術士 情報工学部門
  •  鈴木 良雄様  技術士 農業部門
  •  篠塚 史子様  東京海洋大学 大学院 海運ロジスティクス 専攻 修士課程
  •  黒岩 俊也様  東海大学 工学部 光・画像工学科
  •  高島 志郎様  順天堂大学 スポーツ健康科学部
17:55

Web参加者を交えたチャットによる質疑応答、意見交換

18:25

総括 

18:30

閉会の辞

18:30

登壇者と参加者とのフリーディスカッション(オフレコ)

19:00

終了

関連企画

コロナで変わる新しい生活に関する企画一覧

04-A15 「未来の共感」は"New Commons"から生まれる

06-A10 VRアバター事例からウィズコロナな生き方を考えよう

06-A13 対話、たりてますか? -コロナとこれから-

07-A15 THE RULE online 〜つたえる!つたわる?テレワーク編〜

Y-03   想像力と創造力 ~オンラインで見えた? 今と未来~

Y-04   CoSTEPサイエンスカフェ札幌オンラインの記録

Y-13   カリコー・カタリン博士のmRNAワクチン開発研究

Y-14   Fast Dissemination of Scientific Results in the Era of COVID: Preprints with Provenance, Reproducibility, and Trustworthiness

page top