SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 分子でアフリカを救う!?魔女の雑草を騙す研究物語
Title Solving Africa's food problem by molecules !? A discovery story of a molecule that tricks an witch weed
企画概要 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)では、生き物の持つ仕組みを解明・活用することで、 食糧問題や気候変動を分子のチカラで解決することに挑んでいます。 アフリカの寄生植物ストライガは、穀類に寄生し枯らすため「魔女の雑草」と呼ばれており、宿主が出す分子を感知して発芽し寄生します。 ITbMではこの仕組みを逆手にとり、分子で騙して発芽させることに成功し、アフリカで実験を進めています。 今回は発見のエピソードや現地の様子を映像を交えて紹介し今後の展開を議論します。
出展者名 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)
Exhibitor Institute of Transformative Bio-Molecules (WPI-ITbM), Nagoya University
企画番号 2218
配信日時 11月22日(日)17:30-19:00
登壇者プロフィール
    登壇者
    土屋 雄一朗(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所WPI-ITbM 特任准教授、植物生理学)
    浦口 大輔(同 特任准教授、有機合成化学)
    森川 彰(同 特任講師、免疫学)

    進行
    三宅 恵子(同、植物生態学・サイエンスコミュニケーション)
    佐藤 綾人(同、有機合成化学、ケミカルバイオロジー)


    土屋雄一朗
    (名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所WPI-ITbM 特任准教授、植物生理学)


    浦口大輔
    (同 特任准教授、有機合成化学)


    森川彰
    (同 特任講師、免疫学)

プログラム
  • 17:30- 17:35 企画説明 三宅恵子
  • 17:35-18:10 講演 土屋雄一朗、浦口大輔
  • 18:10-18:40 パネルディスカッション 土屋雄一朗、浦口大輔、森川彰
  • 18:40-18:55 参加者との対話(チャットを用いた質問・コメント集約、質疑応答)
  • 18:55-19:00 まとめ 佐藤綾人

page top