SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル サステイナブル・バイオテクノロジー
Title Sustainable Biotechnlogy
企画概要
サステイナブルバイオテクノロジー、それは生物の力をSDGsの実現に役立てていくこと。 例えば、地上で循環できる資源をより幅広く利用して石油や石炭への依存を減らし、これにより地球温暖化の原因となるCO2の排出を減らしていく。 生物がもつ秘めた力を活用する未来のサステイナブルバイオテクノロジーについて一緒に考えましょう。 本企画では、参加者が小グループに分かれて世代横断的ディスカッションを行い、“夢のサステイナブルバイオテクノロジー”を提案します。
出展者名 東京薬科大学 生命科学部 生命エネルギー工学研究室
Exhibitor Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
企画番号 2107
配信日時 11月21日(土)13:00-15:00
登壇者プロフィール 渡邉 一哉
東京薬科大学生命科学部生命エネルギー工学研究室教授
微生物学者。微生物の力を我々の生活に役立てるため、環境中の未知微生物の探索、微生物の代謝能力の改変、微生物を用いたバイオプロセスの開発を行っている。 特に発電する微生物(発電菌)について、基礎から応用まで幅広い研究を行い、発電しながら廃水を浄化する装置の開発などを行ってきた。
プログラム
  • 12:30 受付開始
  • 13:00~13:15 登壇者発表、課題・進め方の説明
  • 13:15~13:20 ブレイクアウトルームへ移動
  • 13:20~14:20 アイスブレイクタイム、意見交換など
  • 14:20~14:25 休憩(移動)
  • 14:25~14:45 意見発表(各チーム3分程度)
  • 14:45~14:55 他のチームへの質疑応答など全体ディスカッション
  • 15:00 まとめ(5分)得られた課題の解決策と今後の課題について(渡邉一哉教授)
  • 15:00 終了


    渡邉一哉
    (東京薬科大学生命科学部生命エネルギー工学研究室教授)


    事前登録QRコード

page top