SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 命の価値 ~生物多様性から考える~
Title Precious Lives - Think from Biodiversity -
企画概要
現代社会は、人・モノ・情報が極めて大量に高速で世界中を移動し、一地域で発生した新型コロナウイルスによる感染症は、瞬く間に世界中に広がりました。 科学技術によりグローバル化した現代社会において、このパネルディスカッションでは、持続可能な生活のあり方を「命とは何か?」という原点から考えます。 外来生物カミツキガメや衛生害虫ゴキブリ、家畜の牛や豚、そして私たち人間など、「生物」の視点で「命の価値」を再考します。
出展者名 生物多様性保全協会
Exhibitor The Japan Biodiversity Association
企画番号 2211
配信日時 11月22日(日)15:00-16:30
登壇者プロフィール コーディネーター
赤澤 豊
生物多様性保全協会 代表理事 技術士 環境部門(自然環境保全) 建設部門(建設環境)
環境コンサルタントとして約40年間、主に自然環境保全、環境教育、環境コミュニケーションに関わる業務に従事する。

講師
石川 和宏
建設部門と環境部門の技術士として、約30年間、自然環境の調査や自然保護の計画に携わる。自然・生物を扱ってきた技術者・専門家として「生物多様性と命」についてお話したい。

パネリスト
市原 みずよ
水元ネイチャープロジェクト理事長・環境省環境カウンセラー(市民部門)
都立水元公園で約20年間、公園の環境管理や自然保護活動を行うNPO法人を主宰する。 特定外来生物の駆除活動を通じ「命」について感じたことをお話したい。

佐々木 定治
環境省環境カウンセラー(市民部門)
公立小学校在職中は校長として「全国小中学校環境教育研究会会長」、退職後は「えどがわエコセンター理事長」を経て、現在は私立保育園の環境カウンセラーをはじめとして、 学校環境教育と市民環境教育推進に力を入れている。 教育の現場から「命の価値」について考えていることを提示したい。

詳しくは下記の外部リンクをご覧ください。
http://biodiversity.or.jp/scienceagora2020.html
プログラム
  • 15:00 開会・あいさつ
  • 15:05 講演 生物多様性と命の価値 石川和宏
  • 15:25 パネルディスカッション
  • 16:10 総括
  • 16:15 閉会

page top