SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 素粒子物理 X 加速器 X Life =?
Title Particle Physics X Accelerator X Life =?
企画概要 宇宙の成り立ちを理解する「素粒子物理学」と、私たちの生活に様々な恩恵をもたらしてきた「加速器」。 この企画では、素粒子物理学と加速器がどのように「LIFE」に関わってきたのか、村山斉氏と多田将氏の人気研究者2名がご紹介します。 また、QuizKnockの「ナイスガイの須貝」こと須貝駿貴氏をファシリテーターとしてお招きし、これらの研究が未来の「LIFE」をどう変えていくのか、皆様と一緒に考えていきたいと思っています。
出展者名 高エネルギー加速器研究機構
Exhibitor KEK
企画番号 2204
配信日時 11月22日(日)10:00-11:30
登壇者プロフィール
    村山 斉(むらやま ひとし)
    1964年、東京生まれ。直線型衝突加速器(リニアコライダー)の国際共同研究を推進するための国際組織「ILC国際推進チーム」執行メンバー。米国カリフォルニア大学バークレー校物理教室教授。 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構・特任教授。米国芸術科学アカデミー会員、日本学術会議連携会員。素粒子から宇宙へ、自然の根幹に関わる謎の解明に取り組む。

    多田 将(ただ しょう)
    1970年、大阪府生まれ。京都大学理学研究科博士課程修了。 京都大学化学研究所非常勤講師を経て、現在、高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所、准教授。 著書に『すごい実験——高校生にもわかる素粒子物理の最前線』『すごい宇宙講義』『宇宙のはじまり』『ミリタリーテクノロジーの物理学〈核兵器〉』 『ニュートリノ——もっとも身近で、もっとも謎の物質』(すべてイースト・プレス)、『核兵器』『弾道弾』『放射線について考えよう』(以上、明幸堂)がある。

    ファシリテータ
    須貝 駿貴(すがい しゅんき)
    東京大学教養学部卒、東京大学大学院総合文化研究科在籍。専門は物性理論(超伝導)。 日本物理学会の「学生優秀発表賞」を受賞するなどの実績がある。一方でクイズ王・伊沢拓司が編集長を務めるWebメディア&YouTubeチャンネル「QuizKnock」のメンバーとしても活躍。 「ナイスガイの須貝」として人気を博す。 “科学をより身近に楽しく”をモットーにした科学実験動画「QuizKnock Lab」のリーダーとして、企画・プロデュースに携わっている。


    村山斉
    (米国カリフォルニア大学バークレー校物理教室教授)


    多田将
    (高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所 准教授)


    須貝駿貴
    (東京大学大学院総合文化研究科在籍)

プログラム
  • 10:00 イントロダクション
  • 10:05 村山 斉氏講演   素粒子物理 x 「Life」
  • 10:20 多田 将氏講演   加速器 x 「Life」
  • 10:40 パネルディスカッション 素粒子物理 x 加速器 x 未来=?
  • 11:20 参加者との対話
  • 11:30 終了

page top