SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 「究極」のイチゴ、量子科学技術でお届けします
Title Ultimate Strawberries by Quantum Technology
企画概要
人々が生命を実感する脈動のように、植物にも人の循環器と同様の「運ぶ力」が備わっている。 肉眼では視えない様子を観察可能にしたのが、量子科学を駆使した「ミる技術」のRIイメージング。 様々な元素が各器官に運ばれる仕組みを理解すれば、野菜や果物の味や香り、ミネラルの配合などを操る未来を実現できる。さらに、有害物質の動きもより効果的に観察可能だ。 「ミる技術」が可視化したイチゴの「運ぶ力」を入り口に、植物の中の動きを追い続ける研究者と、「量子科学技術でつくる私たちの未来」を考える。
出展者名 量子科学技術研究開発機構
Exhibitor National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology
企画番号 1905
配信日時 11月19日(木)18:15-19:45
登壇者プロフィール
    <RIイメージングの研究成果を発表する研究者>
    三好 悠太
    企画概要で紹介している写真『イチゴ果実内部に運ばれる糖』を撮影しました。 最も若手の研究者が、量子技術を活用してイチゴを甘くする仕組みを考えます。キーワードは光合成です。

    尹 永根
    土の中のミラクルワールド「根圏」について、中国出身の研究者が日本語で紹介します。 植物が養分を通して根から土と微生物に働きかける様子が「ミえて」きました。地下で繰り広げられる植物の養分獲得、生存戦略とは?

    鈴井 伸郎
    植物は師管・導管を通して様々な栄養素を適切な器官に運んでいます。 しかし、この中に有害な元素が紛れ込んでしまい、トラブルが発生することも。気鋭の研究者が、植物栄養学の立場から元素輸送を「ミえる」化します。

    <研究リーダー>
    河地 有木
    量子技術と農学のコラボレーションを実践しています。

    【所属】
    量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 高崎量子応用研究所 放射線生物応用研究部


    三好悠太
    (量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 高崎量子応用研究所 放射線生物応用研究部)


    尹永根
    (量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 高崎量子応用研究所 放射線生物応用研究部)


    鈴井伸郎
    (量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 高崎量子応用研究所 放射線生物応用研究部)


    河地有木
    (量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学部門 高崎量子応用研究所 放射線生物応用研究部)

プログラム
  • 18:15 オープニング/イントロダクション(最初のクイズ)
  • 18:20 発表①(尹 研究員)(二つ目のクイズ)
  • 18:35 発表②(三好 研究員)(三つ目のクイズ)
  • 18:50 発表③(鈴井 研究員)(四つ目のクイズ)
  • 19:05 ディスカッション・質疑(最後のクイズ)
  • 19:20 まとめ・お知らせ
  • 19:30 クロージング

page top