SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 分断を超えるソフトアライアンス・マッチング
Title Soft-Alliance Matching Mechanism
企画概要
ガラスの壁に分断された日本の既成の組織やルールに加え、コロナ禍で分断される社会を超えて、”柔らかいつながりをもつ明るい未来社会”を実現するイノベーションを実現したい。  そのための「ソフトアライアンス・マッチング」に関する展望を紹介する。そのためのメカニズムや価値創造に関して、参加者を交えパネルディスカッションを行う。  昨年出展したサイエンスアゴラのブースと参加者とを結ぶ「マッチング・ガイド・マップ実験」の振り返りながら、 サービス提供者と利用者を結ぶ仲介者(プラットフォーム)が「安定・効率・公平な3群マッチング・プラットフォーム」となるためのアプローチとその社会的意義を議論したい。
出展者名 データ・ケーキベーカ、早稲田大学 石川竜一郎研究室、福岡工業大学 小林稔研究室
Exhibitor Data Cake Baker Corporation
企画番号 2002
配信日時 11月20日(金)13:00-14:00
登壇者プロフィール 石川竜一郎(早稲田大学国際学術院教授)
2003年一橋大学博士(経済学)。2002年一橋大学助手、2003年〜2005年日本学術振興会特別研究員、 2005年〜2015年筑波大学システム情報系講師・准教授、2016年早稲田大学国際学術院准教授を経て2020年より現職。 ゲーム理論、実験経済学、集合知の経済学の研究に従事。

小林稔(福岡工業大学情報工学部システムマネジメント学科准教授)
2007年博士(工学)(東海大学)の学位取得。2007年~2014年エムエーシー(Management, Analysis & Consulting)代表、2014年現所属の助教を経て2016年から現職。 主として生産計画・スケジューリングの数理モデルを用いた研究に従事。

唐澤英安(データ・ケーキベーカ株式会社C.E.O.)
1964年ソニー 開発部、事業部、商品本部、プロダクツ・ライフスタイル研究所創立所長等、郵政省電気通信審議会専門委員等。 2000年ソニー退職後データ・ケーキベーカ創業。技術士(経営工学)。「連環データ分析」の理論とソフト開発等。

唐澤英長(データ・ケーキベーカ株式会社企画業務室長)
2004年データ・ケーキベーカ㈱。東京工業大学、諏訪東京理科大学等とのプロジェクトに参加。データ分析に関する特許発明数件申請登録。 「連環データ分析」のデザイン・レビューと利用法開発に従事。
プログラム
  • 13:00~ 唐澤英安:イントロダクション
  • 13:10~ 石川竜一郎:ことばが生み出す信頼とマッチング
  • 13:25~ 小林 稔:スケジューリング問題とマッチング・メカニズム
  • 13:40~ 唐澤英長:昨年のブースガイド・マップのマッチング結果等
  • 13:50~14:00 パネラーや参加者との対話

page top