• COVID-19
  • アーカイブス

プロジェクト概要

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックに対する公衆衛生政策は、人々の生活の隅々にまで影響を及ぼしています。本プロジェクトでは、COVID-19を中心とした公衆衛生的危機におけるELSIおよびそれへの対応について、論点を整理した上でアーカイブ化するとともに、これらの成果を関与者と共有し活用するという観点で、トランスサイエンス問題に対する人文社会科学系研究成果の社会実装の方法論を実践的に模索します。
具体的には、COVID-19に対する各国の政策およびそのELSIについての比較分析と、過去の感染症に関する歴史的検討の2軸で調査・分析し、COVID-19対応の特徴や日本の課題を明らかにします。さらに、感染症対策のELSIとその解決策についてのアーカイブ化を通じて、政策提言をまとめます。これらの成果をアウトリーチする実践を通じて、将来の公衆衛生・感染症対策に関するELSI研究のあるべき姿や社会実装の方法論を提案します。

  • 研究開発期間: 2021年10月~2025年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX21J3
  • 開発者

    児玉 聡

    京都大学 大学院文学研究科

    教授

    トピックス

    Overview of the R&D project

    Archiving the Ethical, Legal and Social Issues in Pandemic Responses towards Building an Infectious-Disease-Resilient Society

    KODAMA Satoshi Associate Professor, Graduate School of Letters, Kyoto University

    The government’s response to the new coronavirus (COVID-19) has affected every corner of people’s lives. How well or poorly have Japan and other countries responded to such a public health crisis, and how can we do better in the future?
    In this project, we will:
    1) Investigate the ethical, legal, and social issues (ELSI) in public health crises, including but not limited to COVID-19, and the responses to them. 2) Organize and archive the issues. 3) Present a methodology for the social implementation of humanities and social sciences research on trans-scientific issues by sharing and discussing these results with those involved, namely researchers, policymakers, the news media, and other people.

  • R&D Period: October 2021 - March 2025 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX21J3
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ