• 情報・システム
  • 材料・デバイス

プロジェクト概要

本プロジェクトは、自動運転技術の開発・実証研究と連動しながら、リスクとベネフィットの適切な理解に基づく新興技術のトランジション・モデルを提案します。
全国の自動運転実証実験の情報収集とともに、自動運転バスの実証実験を実施し、それに基づく科学技術コミュニケーションを実践します。また、事故発生時の客観的な証拠に基づく紛争解決のための法・補償制度の方法論を確立します。さらに、自動車という科学技術を受け入れてきた歴史的・社会的検討を行い、新興技術の社会受容に関する評価を行います。安全・安心、信頼と責任、公平性、プライバシーなどの倫理的課題に着目し、日本の地域社会の価値観に根差しながら、開発者と市民・ステークホルダーとの対話を実践し、社会インフラとしてのこれからの自動運転技術の実装の在り方を検討します。

  • 参画・協力機関: 東京大学 生産技術研究所/未来ビジョン研究センター/大学院総合文化研究科, 明治大学 自動運転社会総合研究所, 筑波大学 システム情報系, 東北大学, 群馬大学, 東京理科大学, 京都大学
  • キーワード: 自動車, 自動運転, 科学技術コミュニケーション, 法・保険, 社会受容性
  • 研究開発期間: 2020年9月~2024年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX20J4
  • 開発者

    中野 公彦

    東京大学 生産技術研究所

    教授

    グループ構成・リーダー

    • 実証実験グループ
      中野 公彦 東京大学 生産技術研究所 教授 (機械工学)
      プロジェクトの中核として、自動運転の実証実験を実施しながら、技術的課題や情報倫理などに関わる検討を行います。
    • 社会との対話グループ
      松山 桃世 東京大学 生産技術研究所 准教授 (科学技術コミュニケーション)
      自動運転技術に関する市民フォーラムの企画など、科学技術コミュニケーションの実践を行います。
    • 法・保険整備グループ
      中林 真理子 明治大学 商学部/自動運転社会総合研究所 教授/代表 (保険・リスクマネジメント)
      自動運転車事故の責任の法主体の議論を行うとともに、客観的証拠に基づく事故調査法・システムの開発、自動運転車の事故回避制御方法の標準化の提案を行います。
    • 受容性評価グループ
      谷口 綾子 筑波大学 システム情報系 教授 (交通工学)
      各グループの活動を受けた、自動運転に関わる倫理的側面の検討および社会受容性の評価を行います。

    Overview of the R&D project

    Building the method for social implementation of automated driving technology complying with actual state based on ELSI

    NAKANO Kimihiko Professor, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo

    Transition model for emerging technologies based on an appropriate understanding of risks and benefits in conjunction with the development and empirical research of autonomous driving technology is proposed. Considering the international trend of ELSI in the autonomous driving technology, the project aims to establish the method to settle the dispute of traffic accidents based on objective evidence. In addition, from the perspectives of folklore and historical sociology, the determinants of the ELSI and the formation of morals and worldviews related to mobility behind the autonomous driving technology are analyzed. Focusing on ethical issues such as safety and security, trust and responsibility, and impartiality, dialogue among developers and citizens/stakeholders while rooting in the values of the Japanese local community are conducted. Ideal way of implementation of automated driving technology as a social infrastructure including environmental design is examined.

  • Joint R&D Organizations: The University of Tokyo Institute of Industrial Science/ Institute of Future Initiative/ Graduate School of Arts and Sciences, Meiji University's Institute of Autonomous Driving, University of Tsukuba Faculty of Engineering Information and Systems, Tohoku University, Gunma University, Tokyo University of Science, Kyoto University
  • Key words: Automobile, Automated driving, Science and technology communication, Law and insurance, Social acceptance
  • R&D Period: September 2020 - March 2024 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX20J4
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ