【矢部 志央理】量的遺伝学に基づく環境応答型イネ選抜モデル開発

さきがけ研究者

矢部 志央理

矢部 志央理

農業・食品産業技術総合研究機構
次世代作物開発研究センター
任期付研究員

研究概要

イネの登熟性をターゲットとして、圃場での作期移動・止葉剪除試験に基づく作物生育モデルの開発、ゲノムワイドマーカーを用いて開発された作物生育モデルのパラメータを予測するゲノミック予測モデルの開発を行います。作物生育モデルと量的遺伝学モデルを融合させることで、環境応答を考慮した表現型の予測が可能となります。さらに、モデルを用いた有用なイネ交配組合せの予測を行うことで、効率的な植物育種法の実現を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望