【四倉 聡妃弥】アレルゲン低減食品開発のためのデータ科学による作物育種

さきがけ研究者

四倉 聡妃弥画像

四倉 聡妃弥

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

過去20年間で食物アレルギーは著しく増えました。しかし、収量を維持しつつアレルギー低減食物を生産する技術は十分に研究が進んでいません。一方、アレルゲンのデータベースは増え免疫学は進歩しています。本研究課題では、分子生物学、ネットワーク科学、免疫学さらにデータ科学を駆使した学際的手法により、収量を維持しつつアレルギー低減穀物を生産可能な条件を、データベース及びフィールドデータを使い探索します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望