【岩山 幸治】不確実環境下における栽培条件のベイズ的最適化

さきがけ研究者

岩山 幸治画像

岩山 幸治

滋賀大学
滋賀大学データサイエンス学系
准教授

研究概要

高収量・高品質な生産のために最適な栽培条件の探索法を確立します。通常、栽培には数か月から年単位の時間を要するので、探索には膨大な時間を要します。また、収量や品質は環境の影響を強く受けるので、同じ条件でも常に同じ収量や品質が得られるとは限りません。このように不確実な状況で最適条件を効率的に探索するために、ベイズ的最適化という手法を拡張し、その有効性をホウレンソウの施設栽培を通して実証します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望