【鈴木 耕太】合成-情報科学の融合によるリチウムイオン導電体の探索手法開拓

さきがけ研究者

鈴木 耕太画像

鈴木 耕太

東京工業大学
物質理工学院・応用化学系
助教

研究概要

リチウムイオン導電体は全固体リチウム電池実現の鍵となる材料ですが、新物質開発が進んでいません。本研究では、合成科学の古典的な手法や考え方に情報科学からの知見を融合させ、新材料発見の期待値の高い領域を精査し、酸化物系の新物質探索を行います。合成科学から予測されるイオン導電特性、情報科学から示唆される新物質形成の可能性を融合させ、材料探索の時間を大幅に短縮させる新しいイオン導電体探索方法を確立します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望