【本倉 健】アルカンの協奏的活性化を指向した活性点集積型触媒の開発

さきがけ研究者

本倉 健画像

本倉 健

東京工業大学
物質理工学院応用化学系
准教授

研究概要

低級アルカンを活性化可能な活性点集積型触媒を開発し、反応系からの生成物分離を組み合わせることで、低級アルカンの脱水素カップリングを高転化率で進行させる触媒反応系の開発を行う。主に無機系の異種触媒活性点を近接位置に固定した新触媒を開発することで、新たな反応機構によるアルカンカップリングを実現する。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望