【野内 亮】電界効果表面化学によるナノシート触媒能の精密制御

さきがけ研究者

野内 亮画像

野内 亮

大阪府立大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

酸化能の高い触媒は低温での化学反応進行を可能にするため、エネルギー的に有利な反応系の構築が可能です。しかし、酸化能の高さは完全酸化への進行を意味することから、そのままでは有機合成反応への適用が困難でした。本研究では、トランジスタ構造を用いた表面現象制御の概念「電界効果表面化学」を発展させることで、ナノシート触媒能の精密制御を達成し、完全酸化を抑えたメタン酸化カップリング反応系の実現を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望