【高鍋 和広】アルカリ溶融塩触媒による炭化水素の転換反応

さきがけ研究者

高鍋 和広画像

高鍋 和広

アブドゥラ王立科学技術 大学
化学・化学工学専攻
准教授

研究概要

特殊な触媒を用いて、酸素と水からOHラジカルの選択的生成を利用して、炭化水素の転換反応を行うことを目的とします。この特殊な反応機構の追跡を行い、メタンからのエタン・エチレンの選択的生成反応を可能にします。また、様々な炭化水素の転換反応に応用し、触媒と反応経路の有効性を検討します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望