【倉橋 拓也】超微細気泡を反応場とするメタン光酸化触媒の開発

さきがけ研究者

倉橋 拓也画像

倉橋 拓也

自然科学研究機構
分子科学研究所
助教

研究概要

大気中の酸素分子を唯一の反応剤とする革新的な光酸化触媒反応を開発して、コスト競争力の要求されるメタンの化学変換に応用する。ガス状基質に適した反応場の開拓も本研究の主要課題に位置付けており、この目的のため水溶液中で発生させたメタン-酸素混合ガスの超微細気泡を活用する。超微細気泡の高い気泡内圧で触媒溶液中のメタン濃度を上昇させて、ガス状メタンの効果的な化学変換反応を実現する。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望