【三宮 工】加速電子線を用いた光ホログラフィ

さきがけ研究者

三宮 工画像

三宮 工

東京工業大学
物質理工学院
准教授

研究概要

本研究では、電子顕微鏡を用いて位相を含む光の全情報を1nmスケールで抽出することを目標としています。電子線を用いることで光の波長限界をはるかに超えた光イメージングが可能です。通常、電子顕微鏡で用いられる加速電子は光の位相をもちませんが、ここでは単一電子からコヒーレントに参照光と測定光を発光させ、干渉により位相を取り出します。この新手法を、バイオイメージングや光物性の解析へ展開します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望