【野津 裕史】界面をもつポリマー流体の3次元挙動の数理解析

さきがけ研究者

野津 裕史
野津 裕史

金沢大学
理工研究域
准教授

研究室ホームページ

研究概要

界面をもつポリマー流体の3次元挙動を明らかにします。ここでいう界面は2つあり、ひとつは移動するポリマー流体界面、もうひとつは相分離の界面です。本研究を推進することにより、新しいポリマー材料の開発、ポリマー製品の物性予測、製品製造工程の効率化などに貢献します。特に、高速射出成形過程における3次元ポリマー流体の性質をシミュレーションから示します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望