【辻口 拓也】固体高分子形燃料電池の代替を実現する直接ギ酸形燃料電池の開発

さきがけ研究者

辻口 拓也

辻口 拓也

金沢大学
理工研究域
助教
研究室ホームページ

研究概要

本研究では固体高分子形燃料電池を代替する直接ギ酸形燃料電池(DFAFC)の開発に取り組みます。ギ酸は優れたエネルギーキャリアのひとつで、燃料電池に直接供給することができます。しかし、現状のDFAFCは出力が低く、自動車や定置用としての使用は困難です。そこで本研究では、DFAFCの性能を飛躍的に向上させる触媒を開発し、固体高分子形燃料電池に匹敵する出力を発揮するDFAFCの開発に挑みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望