人材育成プログラム

技術移転人材実践研修

TLO実践コース[概要]

【研修の概要】

 TLO実践コースは、大学等の知財マネジメント強化の一環として、将来、技術移転を担う中核となる人材を育成をするための研修であり、多様な技術移転実績を持つTLOや大学等の研究支援組織を中心とした実施機関での現場OJTを通し、発明発掘からライセンス契約に至る 一連の技術移転業務の実務ノウハウ(特許ライセンス契約等)の習得を目指す実践研修です。
 実践研修として、現場OJTを基本としますが、COVID19対策を考慮し、OJTの他、リモート・オンラインでの会議参加や打合せ協議、情報共有、また、必要に応じた講義、外部研修、現地見学等も交え、1年間の研修期間(期間中の研修時間合計80時間程度。あくまで目安で、実施するTLOや大学等の研究支援組織により異なる)を通じて実施します。

※TLO …Technology Licensing Organization 大学等の技術に関する研究成果の技術移転体制を有する機関

◎「TLO実践コース」は、TLOや大学等の研究支援組織を中心とした実施機関が研修プログラムを企画し、実施します。当年度の詳細は、「公募情報」ページにリンクのある各実施機関にお問合せください(※現在、研修生の応募を受け付けていません。準備ができ次第本ホームページ等でお知らせします)。また、過去の研修事例を 「研修事例紹介」ページ に掲載していますので、ご参照ください。

【特徴】

 多様な技術移転実績を持つTLOや大学等の研究支援組織のノウハウをOJTを中心に習得する実践研修。

【研修生の対象】

 コーディネーター、URA等の専門職又は事務職員で、産学連携・技術移転に関する実務経験が1年程度以上ある方(意欲の強い方であれば、実務経験年数を問わない)

【研修料】

 無料

【実施期間】

 原則、1年間(年間の合計研修時間は80時間程度。あくまで目安で、実施するTLOにより異なる)
※実施機関の研修プログラムが複数年で企画され、JSTと実施機関との単年度毎の契約が更新となり、かつ実施機関から研修生としての受入が更新となった場合は複数年となります

過去の研修プログラム実施機関

実施年度 研修プログラム実施機関 主な講師
令和元年度
2019年度
(株)信州TLO
(長野県上田市信州大学内)
  • 大澤住夫(代表取締役社長)
  • 勝野進一(技術移転グループ 部長)
  • 篠塚由紀(技術移転グループ長)
(公財)名古屋産業科学研究所
(中部TLO)(愛知県名古屋市)
  • 羽田野泰彦(事業部長)
  • 大森茂嘉(コーディネータ、元技術顧問)
  • 小澤理夫(技術顧問・元事業部長)
TLO京都
(京都府京都市)
  • 橋本和彦(広域事業部門 部門長)
  • 石田政隆(広域事業部門 弁理士)
(株)テクノネットワーク四国
(香川県高松市香川大学内)
  • 兼平重和(代表取締役社長)
  • 辻本和敬(技術移転部部長)
  • 矢野慎一(徳島大学拠点リーダー)