IoE社会のエネルギーシステム 研究開発項目:A「IoE社会のエネルギーシステムのデザイン」

研究開発項目:A
「IoE社会のエネルギーシステムのデザイン」

  • 担当サブPD
    浅野 浩志
    (一財)電力中央研究所 研究参事
    岐阜大学教授
    東京大学大学院 客員教授
    東京工業大学 特任教授

  • イノベーション戦略コーディネーター
    塩沢 文朗
    住友化学株式会社
    レスポンシブルケア部 兼
    技術研究企画部 主幹

研究開発の背景・目標

エネルギーマネジメント技術に関しては、これまで国が中心となり、ホームエネルギー管理システム(HEMS)、ビルエネルギー管理システム(BEMS)、スマートコミュニティ(環境配慮型都市)事業、仮想発電所(VPP)事業等、点から面までの各事業(実証事業が中心)が行われてきました。現在、運輸部門の電動化、自動運転が進み、交通部門とエネルギー部門のセクターカップリングが大きなテーマになりつつあります。 テーマ(A)ではエネルギーマネジメント研究会を中心に、エネルギーマネジメントを効果的に行うためのボトルネック課題を特定し、テーマ(B)、(C)の新技術実装により移動する車載蓄電池への走行中給電の制御や高性能のパワエレ機器普及による再生可能エネルギーの一層の利用促進効果を明らかにします。また、エネルギーシステムのサイバー層に注目し、異分野のデータ連携を取り込むアーキテクチャを含むエネルギーシステム設計手法を提案していきます。