事業について

JSTの推進するムーンショット型研究開発事業

JSTの役割

ステートメント

事業運営体制

運営体制図

全体運営体制図
ガバニング委員会
  • 本事業の運営全般、統括、運営上の重要案件の審議
  • 本事業の運営を統括するとともに、運営上の重要案件の審議、プログラムディレクターへの助言、など
プログラムディレクター(PD)
アドバイザリーボードなどの協力を得て、研究開発全体の責任者として、次の事項などを行う
  • 目標達成のための研究開発プロジェクトの組み合わせ、資源配分などの方針をまとめたマネジメント計画(ポートフォリオ)の戦略的構築
  • 研究開発プロジェクトの提案者および推進責任者であるプロジェクトマネージャー(PM)の選考
  • 研究開発プロジェクトの実施決定・評価等のほか、研究開発プロジェクトの進捗管理に基づくPMへの推進指示、など
数理科学分科会ELSI分科会
数理科学およびELSIなどの分野横断的な支援を行う
プロジェクトマネージャー(PM):
PDの指揮のもと、研究開発プロジェクトの提案者および推進責任者として、次の事項などを行う
アドバイザリーボード:
外部有識者であるアドバイザー(サブPDを含む)で構成され、プログラムの実施やプロジェクト評価などでPDに協力する
  • ムーンショット目標達成および研究開発構想実現に至るシナリオの策定
  • 研究開発プロジェクトの設計
  • 研究開発体制の構築
  • 研究開発プロジェクトの実施管理、など

ガバニング委員会

*1 = 委員長 *2= 副委員長

藤野 陽三*1 城西大学 学長
渡辺 捷昭*2 トヨタ自動車株式会社 前 代表取締役社長
江村 克己 日本電気株式会社 シニアアドバイザー
大橋 徹二 株式会社小松製作所 取締役会長
榊 裕之 奈良国立大学機構 理事長
濵口 道成 科学技術振興機構 参与
深見 希代子 東京薬科大学 生命医科学科 名誉教授/客員教授

プログラムディレクター(PD)

横断的支援

* = 主査

数理科学分科会
若山 正人 日本電信電話株式会社 基礎数学研究センタ 数学研究プリンシパル/九州大学 名誉教授
小澤 正直 中部大学 AI数理データサイエンスセンター 特任教授
落合 啓之 九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 教授
尾畑 伸明 東北大学 大学院情報科学研究科 教授
國府 寛司 京都大学 大学院理学研究科 教授
坂上 貴之 京都大学 大学院理学研究科 教授
坪井 俊 武蔵野大学 工学部数理工学科 特任教授
西浦 廉政 北海道大学 名誉教授
山田 道夫 京都大学 数理解析研究所 特任教授
ELSI分科会
小林 傳司 大阪大学 COデザインセンター 特任教授
小林 正啓 花水木法律事務所 所長
宍戸 常寿 東京大学 大学院法学政治学研究科 教授
武田 安司 日本電気株式会社 政策渉外部 シニアマネージャー
出口 康夫 京都大学 大学院文学研究科 教授
野崎 亜紀子 京都薬科大学 基礎科学系 教授
藤垣 裕子 東京大学 大学院総合文化研究科 教授

ムーンショット型研究開発制度とは

少子高齢化や地球温暖化、大規模災害などの様々な課題解決に向け、日本発の破壊的イノベーションを創出し、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発を行うというコンセプトで、創設されました。
詳しくは、内閣府「ムーンショット型研究開発制度」のページ

研究推進体制図

研究推進体制図

実施状況報告