【関 剛斎】磁性規則合金を用いた新機能性スピントルク発振素子の創製

さきがけ研究者

関 剛斎

関 剛斎

東北大学
金属材料研究所
准教授
研究室ホームページ

研究概要

異なる金属原子が規則的に空間配列した規則合金を用いると、無秩序合金には無い機能性を発現させることが可能となります。本研究では、ホイスラー合金という磁性規則合金を材料の軸とし、磁気渦(ボルテックス)構造とその動的挙動を制御することで、高速応答かつ高集積可能な超高感度スピントルク発振型磁気素子の実現に取り組みます。そして、新しい動作原理に基づく磁気センサの基盤技術の構築を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望