【山田 晃嗣】糖吸収競合を介して形成される植物-病原体間相互作用の分子基盤の解明

さきがけ研究者

さきがけ研究者画像

山田 晃嗣

徳島大学
大学院社会産業理工学研究部
助教

研究概要

病原体は宿主に感染し、栄養を摂取し増殖します。特に光合成により糖を合成する植物に感染する病原体は、主な炭素源として植物から糖を摂取することが知られています。そこで本研究では、植物がどのように病原体から糖を遠ざけ、また一方で病原体はどのように糖を植物から摂取しているかを解明することを目標とし、得られた知見を活かすことで病原体の糖吸収を阻害することで増殖を抑制する新しい防御法の開発を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望