【烏山 昌幸】機械学習に基づく効率的な界面物性探索法の開発

さきがけ研究者

烏山 昌幸
烏山 昌幸
名古屋工業大学
大学院工学研究科情報工学専攻
准教授

研究概要

結晶同士が接する面が作る界面や粒界は材料の持つ物性に強い影響を与えますが,ありうる形が多すぎるため実験やシミュレーション計算で網羅的に検討することは困難でした.そこで本研究では限られた数の計算結果から物性値の予測モデルを統計的に構築することで候補物質の高速大量スクリーニングを可能にする枠組みの開発を目指します.また,主なテストケースとして低粒界抵抗な固体電池電解質材料の探索を行います.

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望